何故仮想通貨ビジネスは第3者の加入を求めるのか

現在仮想通貨は数多くの種類があり、ネットビジネスの一つの産業として定着しています。しかしながら、何故仮想通貨ビジネスは今だ新規の投資かを獲得しようと躍起になっているかについては多くを語られていません。と言うのも、実は仮想通貨と言うシステム自体がねずみ講の一つであり詐欺を行う物であるという考えが段々と大きくなってきているのが現在の仮想通貨の問題です。

では、何故仮想通貨のネットビジネスが詐欺であると言われるようになった由縁ですが、ビットコインを例に挙げますと仮想通貨のシステムは多くはすでにある仮想通貨の枚数を減少させることで元々の仮想通貨の価値を上昇させるという取り組みがあります。

つまり、強制的に仮想通貨に希少性を見出すよう設計がされているためすでに大量に所有している投資家が手放さない限り、新規投資家は恩恵を受けることが出来ないのです。ですがビットコイン側もこの問題についてはある問題で解決を図りました。それはマイニングです。

ブロックチェーン技術の取引情報を正確に記載した物に対して報酬を支払うことで仮想通貨売買プログラムに直接関わりはしないが間接的に第3者を関わらせることであたかも仮想通貨事業に参加することに恩恵があるように見せるのです。ただ、この試みも次第にマイニング報酬の引き下げなどがあり参加者が減少するという結果になりました。

つまりは、仮想通貨のビジネスと言うのは現在においては参加者がいなくなると立ち行かなくなります。その為、様々なサービスの拡大や投資家を取り込む必要性があるのです。逆を返せば投資家さえ取り込むことが出来れば安泰と言えるのがこのビジネスで投資家も、すでに仮想通貨に投資をしていた人物においては新規に仮想通貨へと投資をする人物と比べると投資額が少なくとも恩恵を受けることが出来るため、新規で参加している人物よりも初めから投資をしている人物のほうがうまみがあるのです。

以上から、仮想通貨ビジネスは、第3者に加入してもらい、投資をして貰わないと立ち行かないビジネスであると言えます。一方で投資をする人物さえい続ければ安泰ともいえるシステムであることもあり、これについては投資家をいかにつなぎとめることが出来るプランを作るかにより今後の仮想通貨の在り方が変わるとも言えます。

その為、今後注目すべきは仮想通貨の値上がりよりも参加者の数の増減のほうを重きに置いて仮想通貨事業に参加をするのが望ましいです。増減を重きに置いた場合、どの仮想通貨事業が問題がある事業で投資家が酸化をすることをためらっているかを把握することが出来るため、出来るだけ仮想通貨の値上がりばかりを見るのではなく、仮想通貨への投資をしている人物の増減を見ることの方がこれから投資をする方には必要な情報であると判断します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする